050-3539-1121

財産を受け取れる人とその取り分について

まずは相続人が誰なのか、知るところから始めましょう。
親族であっても、財産を受け取る権利のある人と、そうでない人がいます。
ルールは法律できっちり決められています。

重要なのは、相続人を漏れなく特定することです。
1人でも欠けたまま進めれば、手続きが無効になってしまいかねないからです。

複雑なルールなんですか?

まず故人の配偶者は、常に相続人となります。↓
最優先

加えて他の親族にも、権利が与えられます。
ただしこちらには優先順位があり、「子 → 親 → 兄弟姉妹」の順で、 もっとも上の順位にいる者だけが、相続人となることができます。↓

優先順位が下の人間が相続権を持つのは、 上の順位の人間が1人もいない場合だけです。

つまり亡くなった兄に子供がいる場合、弟の私に相続権はないということですか。

そういうことです。
もう少し詳しく見ていくことにしましょう。

ここに一組の夫婦がいたとします。↓
夫婦

夫のAさんが亡くなりました。↓
夫が亡くなった

まず、Aさんの妻は自動的に相続人となります。↓

妻は確定

さらに他の相続人を探します。

1. 故人の子を探す 〜第一順位の相続

下へと向かい、Aさんに子がいないか探します。↓

下へ向かう

ここでは3人見つかりました。↓

子が3人見つかる

この3人を相続人に追加し、合計4名で終了です。↓

3人を追加

もしも既に亡くなっている子がいる場合は・・↓

子の1人が亡くなっている

さらに下へ向かい、亡くなった子のさらに子、つまりAさんの孫がいないかを探します。↓

さらに下へ向かう

ここでは2人見つかりました。↓

2人見つかった

孫の2人が代わりに相続人となり、合計5名で終了です。↓

5名で終了

覚えておこう

相続人であるはずの者が亡くなっているとき、代わりにその「子」が相続人となることを、「代襲相続」という。

もしも亡くなっている孫がいる場合はさらに下へ向かいひ孫を探すわけですが、現実にそこまでの必要がある場合は少ないでしょう。

なお財産の取り分は、配偶者と子で違いがあります。
まず配偶者が財産の半分を受け取り、残りの半分を子が等分することになります。

例えば相続人が、妻と子供たち3人の計4名であったとしたら、↓

妻と子3人

まず妻が半分を取り、残りの半分を3人の子で3等分します。↓

妻が1/2、3人の子がそれぞれ1/6ずつ

もしも既に亡くなっている子がいる場合は・・↓

子の1人が亡くなっている

その下の孫たちが代わりに財産を受け取るのでした。
このときの孫たちの取り分は、子(孫たちからみれば親)が生きていたら受け取ったはずの額(ここでは1/6)を、孫の数で等分したものになります。↓

2人見つかった

つまり1/6 × 1/2 = 1/12
が、それぞれの孫の取り分となります。↓

2人の孫は1/12ずつ

父の前に母も亡くなっていて子だけであるという場合はどうなるのでしょう?
その場合は、子だけで父親の財産の全てを等分することになります。

2. 故人の親を探す 〜第二順位の相続

さて、これまではAさん夫婦に子や孫がいる場合でしたが、 1人もいない場合はどうでしょう。↓
夫が亡くなった

その場合は上へ向かい、故人Aさんの親がいないかを探します。↓
上へ向かう

ここでは両親とも存命でした。↓

2人の親が見つかった

Aさんの妻と両親の2人、合計3名が相続人となります。↓

3名で終了

もしもAさんの両親のうち、片方が既に亡くなっていたという場合は、↓

親の1人が亡くなっている

Aさんの妻と存命の親、合計2名が相続人となります。↓

2名で終了

Aさんの両親共に亡くなっているという場合は、↓

両親とも亡くなっている

さらに上へ向かい、祖父母を探します。↓

さらに上へ向かう

ここでは3人が存命であったとしましょう。↓
祖父母が3人見つかった

Aさんの祖父母3人が代わりに相続人となり、妻と合わせて合計4名で終了です。↓

4名で終了

Point

祖父母に相続権が渡るのは、故人の両親が共に亡くなっているときだけ。

祖父母も全員が亡くなっているという場合は、さらに上へ向かい曽祖父母を探すわけですが、 さすがに存命している可能性は低いでしょう。

祖父母、曽祖父母どころか、故人の両親が相続人になることさえ、現実には多くありません。 親は子より先に亡くなることが多いからです。

さて、財産の取り分ですが、まず妻が2/3を受け取り、残りの1/3を故人の親が等分することになります。

例えば相続人が、妻と両親2人の計3名であったとしたら、↓

 妻と両親

まず妻が2/3を取り、残りの1/3を両親で等分します。↓

妻が2/3、両親がそれぞれ1/6

両親が亡くなっており、代わりに祖父母3人が相続人になるとしたら、↓
祖父母3人

祖父母は自分の子(故人Aさんからみれば親)の取り分(ここでは1/6)を、それぞれ等分することになります。↓
祖父母は自分の子の取り分を等分する

3. 故人の兄弟姉妹を探す 〜第三順位の相続

さて、Aさんに子や孫がおらず、両親や祖父母も既に亡くなっているとしましょう。↓
子も親もいないAさん

その場合は横へ向かい、故人Aさんに兄弟姉妹がいないかを探します。↓

横へ

ここでは2人見つかりました。↓

兄弟姉妹が2人見つかった

この2人を相続人に追加し、合計3名で終了です。↓

3人で終了

もしも既に亡くなっている兄弟姉妹がいる場合は・・↓

兄弟姉妹の1人が亡くなっている

下へ向かい、亡くなった兄弟姉妹の子、つまり故人Aさんからみて甥・姪がいないかを探します。↓

下へ向かう

ここでは3人見つかりました。↓

甥と姪が計3人見つかった

甥・姪の3人が代わりに相続人となり、合計5名で終了です。↓

5名で終了

ちなみに、もしも甥・姪までが既に亡くなっていた場合でも、↓

甥・姪が亡くなっていても

さらに下へ向かい、亡くなっている甥・姪の子を探す必要はありません。 相続人になれるのは甥・姪までです。↓

甥・姪の子は探さなくていい

Point

相続人になれるのは、遠くても甥・姪まで。

さて、財産の取り分ですが、まず妻が3/4を受け取り、残りの1/4を故人の兄弟姉妹が等分することになります。

例えば相続人が、妻と兄弟姉妹2人の、計3名であったとしたら、↓

妻と兄弟姉妹

まず妻が3/4を取り、残りの1/4を兄弟姉妹で等分します。↓

妻が3/4、兄弟姉妹がそれぞれ1/8

既に亡くなっている兄弟姉妹がいて、代わりに甥と姪が相続人になるとしたら、↓

3人の甥と姪

甥と姪は自分の親(故人Aさんからみれば兄弟姉妹)の取り分(ここでは1/8)を、それぞれ等分することになります。↓

甥と姪は自分の親の取り分を等分する

半血兄弟姉妹について

ところで兄弟姉妹には、

  • 両親ともに同じ
  • 片親だけが同じで、もう片方の親は違う
    (半分だけ血がつながっている)

という2種類の兄弟姉妹がいます。

「1」を全血兄弟姉妹、「2」を半血兄弟姉妹というのですが、
半血兄弟姉妹の取り分は全血兄弟姉妹の半分になる、というのがルールです。

つまり故人Aさんに3人の兄弟がいたとして、↓

3人の兄弟

Aさんからみれば、そのうち2人が全血兄弟、1人が半血兄弟であったとき、↓

2人の全血兄弟と1人の半血兄弟

これまで見てきたとおり、まずAさんの妻が財産の3/4を取り、残りの1/4を兄弟で分けることになるのですが、↓

1/4を兄弟で分ける

  • 2人の全血兄弟の取り分はそれぞれ同じに
  • 1人の半血兄弟の取り分は他2人の半分に

という2つを上手いこと充たすように分ける必要があります。
次の計算式を使ってください。↓

b/(2a+b)

「a」に全血兄弟姉妹の数を、「b」に半血兄弟姉妹の数を、入れます。
出た値がそれぞれの全血兄弟姉妹の取り分です。ここでは2/5となります。半血兄弟姉妹はその半分です。

つまりこうです。↓

全血兄弟が2/5ずつ、半血兄弟が1/5

とはいえこれはそれぞれの兄弟の間での割合であり、実際にはさらに1/4(妻の取り分3/4の残り)を掛ける必要があります。 つまり最終的な相続割合はこうです。↓

1/4を掛ける

以上、長かったですが、相続人を決めるルールと相続割合の基本です。

基本ということは、まだ応用編が残ってるんですか?

はい、ここまではどちらかといえば一般的なケースだけを取りあげてきましたが、

など、より込み入ったケースについて、次ページでご説明したいと思います。

【次のページ】  » 2. 込み入ったケース(応用編)

このページの先頭へ