050-3539-1121

遺言のタイプ

遺言には3つのタイプがあります。

どれも法的な効力は同じですが、
作りやすさや信頼性、そして遺族にかかる負担、に違いがあります。 ↓

3つのタイプの長短

作る側にとって楽なのが「自筆証書」で、そのぶん遺族は苦労が増えます。 反対に「公正証書」は作成に手間がかかるものの、遺族にとっては手間や揉めごとが減るありがたい形式です。

「秘密証書」はほとんど使われません。

タイプその1
自筆証書遺言

特別な手続きなしに一人で作れるもっともお手軽な遺言です。 市販の便箋など普通の紙にボールペンやサインペン等で書くだけです。費用もかかりません。

一方で素人が独力で作ることが多いため、必要な様式を充たさず無効になったり、 本当に故人が書いたものであるという証拠が筆跡ぐらいしかないため、偽造を疑われたりします。

さらに、後述する、家庭裁判所による「検認」という面倒な手続きも必要になるので、 遺族にとってはあまり嬉しくない形式です。

見つかったものが自筆証書遺言かどうかは、どこを見ればわかるのでしょうか?

遺言には

の3タイプがあるわけですが、
まず3の「秘密証書」は、封筒に入っていて、封印(後述します)がしてあって、かつ公証人の署名が表にあります。

次に2の公正証書遺言は、中を読むことができれば、公正証書と書いてあるのですぐにわかります。 3でも2でもないなら1の「自筆証書」だとみなしましょう。

厄介なのは、↓

というケースでは、中に入っているのが自筆証書なのか公正証書なのか判別できない、ということがあり得るわけですが、 その場合はとりあえず自筆証書とみなし後述する検認の手続きを受けるしかないでしょう。

見つかったときは

後述しますが、
家庭裁判所による検認という手続きを受ける必要があります。

有効な自筆証書遺言の条件

自筆証書遺言と認められるには、3つの条件があります。
1つでも欠けると無効となります。

  • 原則として全て自筆であること

    平成31年1月13日より、財産目録を別紙に記入する場合は、その目録部分のみワープロ書きでも良いこととなりました。その場合でも、別紙全ページに自筆の署名と捺印は必要です。
  • 日付が入っていること
  • 遺言者のフルネームの署名と押印があること

自筆証書注釈

もしかしたら故人が遺言に訂正を加えているかもしれません。
その加筆修正にも決められた様式があります。 ↓

訂正のルール

↑ここではわかりやすくオレンジで書きましたが、
実際は色を変える必要はありません。

その他、自筆証書遺言の形式について、いくつか挙げておきます。↓

  • 縦書きでも横書きでも可
  • 何色で書かれていても可
  • 筆記具の指定はないので、鉛筆でも一応は可
  • 紙の指定はないので、チラシの裏でも一応は可
  • 複数枚の場合は契印でつないであるのが望ましいが、必須ではない

一方で・・

  • 字に自信のない故人が代筆を頼んだ
  • ワープロで作成し、署名だけを自筆にした

↑などは無効です。
全てが自筆であることが原則です。

平成31年1月13日より、財産目録を別紙に記入する場合は、その目録部分のみワープロ書きでも良いこととなりました。その場合でも、別紙全ページに自筆の署名と捺印は必要です。
遺言の一部に他人の手による記述があった場合に、全体が無効になるのかその部分だけが無効になるのか、という問題がありますが、 ここでは触れません。
無効な様式の遺言書は、無視していいんですか?

いけません。 自筆証書遺言が見つかったときは、後述しますが、家庭裁判所による検認という手続きを受けなければいけない決まりとなっています。 遺言書を裁判所まで持って行くのです。

明らかに無効な遺言書でも、検認は受けなければいけません。 裁判所まで行く

遺言書に封がしてあって勝手に開けるなと書かれてるんですが、守る必要あるんですかこれ?

のり付けされたうえに封のところに押印がしてある場合は、これを「封印」といい、 勝手に開封してはいけない決まりとなっています。そのまま家庭裁判所に持ち込んで、検認を受けましょう。
封印
開けてはいけない

一方で、ただのり付けされただけの封であれば、検認の前に開けても法的には問題ありません。 勝手に開けるな等の指示に法的な意味はないのです。

しかし偽造されたのではという話に後々なりやすいですから、
開けない方が賢明ではあるでしょう。

実はもう開けちゃったんですが。

封印された遺言を開けた場合、
5万円以下の過料を課されてしまうかもしれません。

(封筒をすり替えておけばバレないんじゃ?)

もしも遺言を偽造したり隠したりしたとみなされた場合、刑事罰の対象になり、 さらに相続人の資格を失う(欠格)という厳しいペナルティが待っています。 不正行為による失格となってしまうのです。

タイプその2
公正証書遺言

次はタイプその2、
これは公証役場という役所で作る、いってみれば最もきちんとした遺言です。

どのような遺言を作りたいのか打ち合わせをしたうえで・・↓
意向を伝える

遺言者は公証役場を訪れます。
このとき証人と呼ばれる立会人2人を連れて行くことになっています。↓
公証役場まで行く

希望通りの遺言を、役場のほうで作ってくれます。↓
作って

そして原本を役場で保管し、
2通の写し(正本と謄本)を本人に渡します。↓
持っていて

遺言者は1通を自分で保管し、
もう1通を大抵は信頼できる家族や弁護士などに渡します。↓
頼んだ

この方式には次のメリットがあります。↓

また、誰かがこっそり遺言書を捨てても、大抵はもう一部を別の誰かが持っていますし、 公証役場で調べれば遺言の存在を確認できます。
存在確認

加えてこの公正証書遺言には、後述する家庭裁判所による検認という面倒な手続きが要りません。 わざわざ裁判所まで行ったり必要書類を集めなくていいのです。

作成に手間はかかるものの、
遺族にとっては有りがたい形式といえます。

家を探しても遺言書は見つからなかったのですが、もしかしたら父が公証役場で遺言を作っていた可能性もありますよね? いちおう調べてみたほうがいいのでしょうか?

それが望ましいことではあります。
そうした確認ができることがこの方式の強みです。

見つかったものが公正証書遺言なのかわかりません。
どうやって判断すればいいですか?

中を読めば公正証書遺言とはっきり書かれているはずなので、
書かれていないのであれば違うということです。

しかし、もしも遺言書が封に入れられ、しかも封印されているという場合は、中身を確認することができません。

ぐらいの判別はできますが、中に入っているのが自筆証書なのか公正証書なのか判断できないケースがあり得るわけです。

どうしてもわからない場合は、とりあえず自筆証書とみなし、後述する検認の手続きを受けるしかないでしょう。

見つかったときは

先も述べたように、公正証書遺言には家庭裁判所による検認手続きが要りません。 たとえ故人の手で封筒に封印がしてあっても開封できます。開封前に遺族が行うべきことは特にありません。

なお、もしも何者かの手によって偽造されたことを疑うなら、公証役場に問い合わせれば原本を確認することができます。

タイプその3
秘密証書遺言

これまで説明してきた2つの形式の中間のようなタイプ、
それが秘密証書遺言です。

まず遺言者は自宅等で遺言を作成。
しっかり封印します。↓
封印

そして公証役場を訪れます。
このとき証人と呼ばれる立会人2人を連れて行くことになっています。↓
公証役場まで行く

公証役場では公証人が遺言書を確認し登録します。
ただし封を開けて内容を確認はせず、あくまで存在したことを記録するだけです。↓
存在を確認するだけ

このとき公証人が署名をします。↓
署名する

あとは本人が自宅等に保管します。↓
家

この方式のメリットは中途半端な感があるのですが、
まず自筆証書遺言と比べれば、

公正証書遺言と比べれば、

反面、素人が独力で作ることが多いため、必要な様式を充たさず無効になったり、 裁判所による検認が必要だったりと、遺族にとってあまり嬉しいものではありません。 作成者にとってのメリットもさほどではないため、選ばれることが少ない形式です。

見つかったものが秘密証書遺言なのかわかりません。
どうやって判断すればいいですか?

封筒に入っていて、封印がしてあって、
かつ公証人の署名があれば、そうだといえるでしょう。

有効な秘密証書遺言の条件

有効であると認められるには、2つの条件があります。
1つでも欠けると無効となります。

  • 自筆の署名があること
  • 封印に使用したのと同じ印で押印してあること

見つかったときは

家庭裁判所に持って行き、検認の手続きを受けます。
封を開けてはいけません。

複数の遺言書が見つかった場合

以上3つが遺言書の種類でした。
ところで複数の遺言書が見つかった場合は、どうなるのでしょう?

その遺言が↓
矛盾しない内容

のように互いに矛盾しない内容であれば、どちらも有効となります。
一方で↓
矛盾する内容

のように互いに矛盾する内容であった場合は、日付の新しいものが優先されます。
公正証書遺言だからといって他の形式に優先するといったことはありません。

検認について

さて、ここまで何度も触れてきた家庭裁判所による検認手続きですが、 何をするのか、申し立ての方法、必要書類について、次ページで解説します。

【次のページ】  » 2. 検認をしよう

 遺言書と検認

  1. 1. 遺言の種類  ←Now
  2. 2. 検認をしよう

このページの先頭へ